蘇ったベリアルの声:小野友樹さん 祝!助演男優賞

「ウルトラゼロファイト」で好き放題に暴れまくりのこのお方。

カイザーダークネスとして蘇ったベリアル陛下!その魂がゼロの身体に憑依して、最強・最悪の戦士ゼロダークネスが誕生しました。

怪獣墓場から蘇って復活したベリアル陛下のお声は、若手声優の小野友樹(おのゆうき)さんが担当しています。映画で宮迫博之さんが演じていたベリアルの声をじっくり聞き込んだ上でスタジオに臨み、アベ監督からの1時間以上にもわたる演技指導を経て、「蘇ったベリアルの声」という難しい役どころを見事こなしてくれています。

そんな「おのゆー」こと小野友樹さん、アニメ「黒子のバスケ」の火神大我役などで人気急上昇中。昨夜発表となった「第7回声優アワード」にて助演男優賞を見事受賞なさいました!これはめでたい!

「おお!さすがは我らが陛下(の日本語吹き替えのお方)!助演男優賞おめでとうございます!」魔導のスライさん以下、ダークネスの面々も大喜びです。

そして、今回の声優アワードでは、ジャンボットの声:神谷浩史さんも「最多得票賞」を受賞!さすがの人気です。

「姫さま、喜んでくれるだろうか・・・」 「おめでとう!兄さん。」 きっとエメラナ姫もウルティメイトフォースの面々もみんな喜んでますよ。

「ウルトラマンゼロ」シリーズは、宇宙の彼方で巨大ヒーローや悪役たちが丁々発止のやりとりをしながらストーリーをつむいでいっています。特に「ゼロファイト」には人間キャラクターがいっさい登場してきませんので、各キャラクターの「声の演技」がとても重要なファクターとなっています。声優さんのキャスティングは大きなこだわりどころなのです。