ウルトラマンエックス「ハイブリッドアーマーアクティブ!」 クライマックス総集編第3弾も配信スタート!

「ウルトラマンX」総集編第3弾「絆でひとつになる世界」がYoutube配信されました。

この総集編は、第1弾、第2弾と合わせて「劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン」が公開される3月いっぱいまで配信を続けます。3つの総集編をご覧いただければ「ウルトラマンX」テレビシリーズ第1話~最終話までの流れを把握できますので、劇場版に備えてのおさらいチェック、また「X」を未見のお友だちにお薦めするなんて時にもぜひお役立てください。

X22sハイブリッドAX01

さて、テレビシリーズ最終話の決戦シーンにて登場となった、「ハイブリッドアーマー」!最後のサプライズとして、放送時点まで情報秘匿していたエックスの姿です。相応のインパクトを持って皆さんご覧いただけたのではと思います。

実はこのハイブリッドアーマー、企画当初は構想に無かったものでした。このアイデアが生まれたのは、エレキングアーマーとベムスターアーマーの完成スーツチェックの時点です。腕の装備が、エレキングアーマーは右腕のみ、ベムスターアーマーは左腕のみに装着されているデザインです。

X03エレキングアーマー02

X07ベムスターアーマー01

改めてこれを並べて見たとき、ふと個人的な思いつきで胸にゴモラ、右腕にエレキング、左腕にベムスターのアーマーを試しに装着してもらったのです。もちろんアンバランスなのですがこれはこれでユニークだなと思いました。とはいえフラッシュアイデアでしたので、その時点では参考用のスナップ写真を撮ったのみにしていたのです。が、後に田口監督やライター陣らと最終話決戦のプロットを組み立てる際に、様々な決着アイデアが議論百出していた中で、この混合アーマーを提案させてもらいました。

X22ハイブリッドアーマー01

上記のフラッシュアイデア以降に完成したゼットンアーマーとエクスラッガーを組み合わせて、このハイブリッドアーマーが「アクティブ!」することとなったのです。最終章エピソードを担当した、弘利さん、雄次さんのダブル小林によるアツい脚本。細部までこだわりにこだわり抜いた田口清隆監督の演出。それらに応えたキャスト陣とスタッフ陣とがまさに「ユナイト」することで、50年にわたるウルトラの歴史の締めくくりにふさわしい、シリーズ史上でも至極の逆転勝利劇が描き出されました。多くのファンの方々にご喝采いただけたこととても嬉しく思います。

このハイブリッドアーマーは、開催中の「ウルトラヒーローズEXPO」のウルトラマンバトルステージでもライブで大活躍しています。今週末の3連休・1/11(月・祝)までのイベントですので、ウルトラヒーローたちの勇姿をぜひ目の前で堪能してみてください。